よくあるご質問

よくあるご質問

Q1.
JLSでは預かった支援金から何%の手数料を取るのですか?
A1.
JLSでお預かりした支援金からの手数料は、一切いただいておりません。
振込・決済手数料等、お金を移動する際に必要な諸費用については支援金の中から充当することがあります。
Q2.
JLSの運営に必要な経費はどうしているのですか?
A2.
正会員である理事の年会費、支援者から当法人への寄付金、法人・個人の賛助会員の年会費で運営しています。
運営費の剰余金が出た場合は、アルペンチームの支援金として有効に活用します。
Q3.
正会員になるにはどうすれば良いのですか?
A3.
正会員は現在募集しておりません。近い将来の募集の予定はありません。
Q4.
個人賛助会員になるにはどうすれば良いのですか?
A4.
個人賛助会員(年会費3,000円)を募集しております。希望される方はinfo@jls.or.jpまでご連絡ください。
Q5.
法人賛助会員になるにはどうすれば良いのですか?
A5.
法人賛助会員(年会費50,000円〜)を募集しております。希望される方はinfo@jls.or.jpまでご連絡ください。
Q6.
全日本ジャンプチームに寄付したいのですが、JLSで対応していただけますか?
A6.
JLSでは、全日本スキー連盟アルペン部のシニア・ジュニア・ユースチーム指定の寄付のみをお預かりしています。
Q7.
JLSの正会員(代表理事、理事、監事)には給与・報酬が支払われているのですか?
A7.
設立以来、第5期現在(平成29年3月末)まで、一切支払われていません。
詳細はIR情報の各期総会資料内の会計報告を御覧ください。
Q8.
「一般社団法人」とはなんですか?
A8.
営利を目的としない、非営利の法人です。ここで言う「営利」とは正会員(法律上は「社員」と呼ばれます)への利益の分配を意味します。この点「NPO法人」と似ています。 NPO法人の活動は不特定多数の公益にあたる20分野に限定されますが、一般社団法人は、適法であれば事業には制限がなく、公益目的・共益目的どちらの活動も認められる自由度の高さがあります。
JLSは、その定款に定めるところにより
「利益を得ることを主たる目的としない」
「利益が出た場合に社員のその分配を行わない」
「解散した際には残余財産を国や公益団体へ寄付・贈与する」
「理事とその親族である理事の人数が理事総数の3分の1以下」
などの「非営利性が徹底された法人」の要件を満たしており、JLSが集める会費や寄付金には課税されません。
Q9.
JLSへの寄付は控除の対象になりますか?
A9.
個人からの寄付の場合は、寄付金控除の対象とはなりません。
法人からの寄付の場合は、損金算入限度額以内での損金算入が可能です。
Q10.
JLSへの寄付に対して領収書は発行されますか?
A10.
法人からの寄付の場合は、JLSより領収書を発行いたします。info@jls.or.jpまでご相談ください。
個人からの寄付の場合は、前項の理由により領収書は発行いたしません。